企業子育て応援拠点運営事業

企業訪問 

          従業員100人以下の企業を訪問  



企業訪問における「一般事業主行動計画」策定の推進


             

 次世代育成支援対策推進法の改正に伴う「一般事業主行動計画」の策定・届出、及び各種助成金等についての説明や助言等をさせていただくため、従業員100人以下の企業を対象に、財団職員による企業訪問を行っています。
       
 次世代育成支援対策推進法(次世代法)とは?

 次世代育成支援対策推進法は、少子化対策として平成15年7月に成立・公布され、段階的に改正されています。
 この法律では、次の世代の社会を担う子どもたちが健やかに生まれ、育成される社会環境を整えるために、事業主は、従業員の仕事と子育ての両立を支えるための「一般事業主行動計画」を策定し、その旨を都道府県労働局長に届け出ることとされています。

 


 一般事業主行動計画とは?

 従業員の仕事と子育ての両立を図るための雇用環境の整備や子育てをしていない社員も含めた多様な労働条件の整備などに取組むにあたって、@計画期間(概ね2年から5年)、A目標(1つ以上) B目標達成のための対策と実施時期を定めるものです。


詳しくはこちら



ページの先頭へ戻る
                                 

 行動計画を策定するメリットは?

 くるみん

 行動計画を策定・実施し、その結果が一定の要件を満たすと、厚生労働大臣の認定を受けることができます。
 認定企業は、次世代認定マーク(愛称:くるみん)を商品等につけることができ、企業のイメージアップや優秀な人材の確保
につながりがります。              
くるみんマーク
                        

                                
 

 助成される内容とは?

 
 
仕事と家庭の両立を図る労働者を支援する事業主・事業主団体の方へ次のような助成金制度があります。
    
    中小企業子育て支援助成金
    事業所内保育施設設置・運営等助成金
    両立支援レベルアップ助成金
    育児休業取得促進等助成金 など


詳しくは こちら

子育てにやさしい職場環境づくり助成金 (工事中)
 

ページの先頭へ戻る


 企業訪門 

   
 ※訪問する企業には、事前に電話で連絡をします。
 

訪問期間 平成23年6月〜平成24年3月
エリア 盛岡市・滝沢村・紫波町・八幡平市・矢巾町
雫石町・岩手町・葛巻町のほか岩手県内
対象企業   従業員100人以下の企業を年間概ね60社
訪問担当者 財団職員


 ◆訪問内容

1 「次世代育成支援対策推進法」の内容について説明します。
2 「一般事業主行動計画」の策定について説明します。
3 各種助成金について説明します。
 



ページの先頭へ戻る

【お問い合わせ先】
    財団法人岩手県長寿社会振興財団  総務課 
       Tel:019−626−0196
       Fax:019−625−7494