文字サイズの変更
  • 標準

高齢者総合支援センターの役割

岩手県高齢者総合支援センターとは

岩手県高齢者総合支援センターは、「高齢者総合相談センター」「介護実習・普及センター」「高齢者権利擁護センター」の3センターを統合し、「地域包括支援センターへの支援業務」を加え平成21年4月1日に開設しました。

当センターの業務は、公益財団法人いきいき岩手支援財団(平成24年8月1日に旧名称:財団法人岩手県長寿社会振興財団から移行)が岩手県より受託運営しています。



基本方針

高齢者の生活全般にかかる様々な相談への対応や、市町村地域包括支援センター業務等への専門的支援、高齢者介護及び予防の普及等地域包括ケアを推進する総合支援機関として、高齢者への総合的な支援活動を展開します。